北海道帯広市の総合物流・軽貨物運送事業|株式会社 長原配送

株式会社 長原配送ロゴ

スタフ日誌

アーカイブ

スタッフ

社内フィロソフィ勉強会所見

昨日はCD勉強会を開いて頂きありがとうございます。地味な努力を積み重ねることの大切さを知りました。会社に例えれば、マニュアル車を始めて運転した時、うまく行かず何回もエンストを繰り返していました。業務においても、伝票の見方、書き方、そして納品先さんの場所などわからず苦戦しました。ですが全体を見ると、絶対にうまくなる、絶対に覚えるという目標があったから、今があると思います。私を含め皆さんがそう思ったと思います。初心、原点を忘れずに業務を行っていきます。

本日も一日ありがとうございます。明日も一日よろしくお願いします。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日は、三浦雄一郎さんDVD勉強会ありがとうございます。常にチャレンジする、そして、夢を持ち続けるという事は、とても素晴らしい事であると思いました。夢を夢のままにせずやってしまうところは、見習いたいと思います。私も建設的で、前向きな、三浦さんに近づけるよう努めていきます。

本日も一日ありがとうございました。明日も一日よろしくお願いします。

致知出版社「仕事力入門-仕事力を高める-」読書感想文

今回は致知出版の仕事力入門を読書させて頂きました。各企業の代表の方の内容を読んで成功されている方々ばかりで、その中にも稲盛和夫さんの記事も載っていて、さすが世界の京セラさんだと思いました。その中でも私が感銘を受けたのが、福岡ソフトバンク球団会長の王貞治さんの記事でした。王さんと言えばプロ野球界では伝説の選手であり、歴代ホームラン記録はまだ更新されていないというのは歴史に残っています。今から何十年前の事であり、私は時代が違いますが、今もなお世界の王という言葉は世代関係なく聞きます。そんな王さんも過去を振り返ってみると人並み外れた練習があったと聞きました。荒川コーチさんは、努力の仕方を教えたと書いてありました。これを自分に置き換えると、私は会社のリーダ、副主任であり、私は班員さんに伝える事が間違っていてはリーダー失格であります。正しい判断基準がしっかりできて、適切に物事を進めていくのがリーダーであります。中途半端な気持ちでは絶対いけませんし、責任感をしっかり持たなければいけないと改めて思いました。私が常日頃から発している言葉も注意して行っています。王さんのプロ意識というのは、とても凄いと感じ、一流選手だった頃も、もっとうまくなりたいという気持ちがあり、試合が終わった後でも夜遅くまで練習をしたと聞きました。プロと呼ばれている選手は、陰ながらの努力をし、自分自らこれだけの練習をしたとその場では絶対に言わない事もわかりました。上手くなりたいという気持ち、相手に対しての感謝の気持ち謙虚が大切だと思いました。そして、何よりも大切なのは、夢、ビジョンだと思いました。将来は絶対にこうなりたいという思いを描く、社長がよく言われることで、ビジョンをより明確、具体的にして実行に移していくことが今後のビジョン達成への近道だと思います。仕事において、自分の夢が無い人は何のために働いているのか、自分に夢が無い人は、何を考えどう行動していいかすらわからないと思います。以前の職場では私には夢がありませんでした。しかし、長原配送に入社してから、夢をもっていけて、自分に自身が持てました。これも社長をはじめ社員さんの教えが良かったから今があると思います。人との出会いの大切さに気付き、学びを得て取り入れて、仕事力を身につけていきます。

経営方針発表会所見

昨日は経営方針発表会、第38回定例会を開いて頂きありがとうございます。今期の売上目標の数字を聞き、絶対に行けると思いました。社員一人一人の自覚、そして団結の力を一つにして行ければ絶対に可能です。コンパでは一人一人の決意表明をしました。私は全業務を完璧に覚える事と言いました、3年間で25個業務を覚えて来たので、その経験を活かして、どんどんチャレンジしていきます。そして、全お客様から信頼を得て、配送のスペシャリストを目標に今期の業務を全力投球して頑張っていきます。よろしくお願いします。

本日も一日ありがとうございます。明日も一日よろしくお願いします。

井垣利英様著書「会社で「やってはいけない」43のこと」読書感想文

今回は、井垣さんの会社でやってはいけない43のことを読書させて頂きました。この本は、私の体験談を載せて頂いておりまして、どんな感じで載っているかとワクワクしておりました。今回読書をして、まず、タイトルに「会社でやってはいけない」ことと書いており、会社でやってはいけない事は、自分の中でたくさん描いていました。しかし、読書をして、細かい所や、良く考えると、なるほどと気付かされていました。自分が気付いていない所などもたくさんあり、無意識の内にやっているかもしれなく、相手に失礼な行動をしていたと、とても反省しました。102ページにある「こっちが一生懸命話してるのに、人の目を見ない&反応が薄い」というタイトルで、私が思ったのが、昔の私がいつも人からよく注意されていた事だと思いました。長原社長からもよく、「目を合わせて話をしよう」とよく言われていました。自分の中では、目を合わせているつもりでも、相手から見て、合っていなければ、会話というのは成り立たないと思います。これが、会社の上司・先輩に行ってしまうと信頼を失う事もあり、頼まれ事も頼まれなくなると思いました。会話というのは、話し方、発言力も大切ですが、自分が話をしている時の顔の表情、目線が大事だと感じ、相手の事を常に見て、うなずく事などして、コミュニケーションを計っていきます。30ページにある「良い情報を知っているのに、人に教えない」という項目で、相手が「これいいね、どこで買ったの?」と聞き、「秘密です」と、答える人をよく聞いた事があります。これを自分に置き換えてみて、私は、会社の中でリーダーという立場にいます。リーダーというのは、上司から得た事を部下、後輩に言っていき、情報を流す事も仕事の1つだと思っています。会社の部下たちに情報を流す前に、「リーダー」が私の発言を変わりに言ってくれ」と頼まれる事があったとして、私が上司の発言を変わりに言っても、相手にちゃんと伝わらないと意味が無いと思いました。また、知っているのに相手に教えないのは、もってのほかだと思いました。情報を伝える事によって相手に良い刺激になったり、すごくためになったりする事もあるかもしれません。それによって、仕事への取り組み方も変化していくかもしれないと思います。リーダーというのは、社長、上司の発言を変わりに言っていく、とにかく発言していく事が大切だと思います。部下と近い関係にいるのがリーダーでもありますので、相手とのコミュニケーションを計っていくこと、会社の情報を教えていく、そして変わっていける自分と社員と共に、会社の売上げを伸ばしていける様な人間になっていきます。今回の井垣さんの本に私の過去の体験談を載せて頂きまして、ありがとうございました。過去の経験があったからこそ、今の自分があると思いますので、自分をもっと大切にして、何事にもチャレンジ精神を持ち続けていきます。ありがとうございます。

第37回6月定例会所見

土曜日は、第37回定例会を開いて頂き、ありがとうございます。辻先生のDVDを見まして、フローというお言葉を初めて聞きました。人間の心は常にフローである事が大切だと思いました。心を落ち着かせる事でフローの状態になるという事を聞き、フローであることを意識していきます。回を重ねるごとに、コンパの盛り上がりは増していると思いました。今月から新人さん、人生の先輩方が入社され、会話も弾み、社内の雰囲気も変わったのではないかと強く思いました。今いる登山者と共に、仲間意識を高めて、毎日、会社に戻ると何があるかわからないようなサプライズがあるような楽しい会社作りをしていきます。

本日も1日ありがとうございます。明日も1日宜しくお願いします。

班コンパ所見

昨日は2班コンパを開いて頂きありがとうございます。2班でコンパを行うのは初めてであり、2班の班員さんの団結力、絆というのをとても強く感じました。そんな2班の班長として、私はとても幸せ者だと思いました。「ひたすら前を向いて、その行動を起こすだけ」という社長の言葉に共感し、情熱、パッションを強く持って、日々進歩していきます。

本日も1日ありがとうございます。次回も1日宜しくお願いします。

第7回シェリロゼ研修勉強会③所見

昨日は第7回シェリロゼ研修勉強会の3回目を開いて頂きありがとうございます。好感をもたれる言葉遣いを勉強させて頂き、言葉遣い、表現を表すのは難しいと思いました。今若い人が特に言っている言葉の中に「ちょーやばい」という言葉は、使ってはいけないし意味がわからないと思います。自分が発言する言葉で、相手に不快な気持ちをさせているかもしれないので、今一度、自分が発する言葉を見直しする必要があると思いました。言葉を発する時に、明るく元気に表現良く言う事を心掛けて、相手に良い印象を与えていきたいと思います。

本日も1日ありがとうございます。明日も1日宜しくお願いします。

「あとで・・・はいつ?そのうち・・・はいつ?」所見

本日は新しい取引先さん業務研修2日目でした。配達でいく納品先さんは、過去の業務でいった所ばかりで、とても覚えやすかったです。後は納品入口と商品と伝票の見方を覚えていければ大丈夫です。新しい取引先さんの従業員の方は、とても親切であり、不安や質問なども軽く聞いて頂けるような、とても良い社内の雰囲気だと思いました。
ホワイトボードに掲示してある、モチベーションアップさんの取り組みシートを閲覧しました。「あとで・・・はいつ?そのうち・・・はいつ?」という題名で、後回しにすることは、自分にどんどんプレッシャーを与え、ミスなどを起こしやすいと思いました。自分に余裕をもって行動できる様な人間作りをしていく事が、大切だと思いました。早く行動に移すという習慣をつけていき、そのうちという言葉から、今やりますに変えていき、テキパキと物事を進めていきたいと思います。そして社員みんなが早い行動をとっていけれるような会社を作っていきます。

本日も1日ありがとうございます。明日も1日宜しくお願いします。

井垣利英様著書「会社は不平等!!」読書感想文

今回は、井垣利英さんの「会社は不平等!!」を読ませて頂きまして、ありがとうございます。井垣さんは長原配送の社員研修会を開いて頂いており、そこで沢山の気付き、学びを得られております。素直に私が感じているのは、沢山の本を出版され、テレビ出演等されている井垣さんが、私たちの会社の研修会を行って頂けるのは、とてもすごい事だと思い、なんて運がある会社だと思いました。今回の著書で78ページにありました、「可愛がられる人」は「頼まれる人」と言う項目で、私は昔の事を思い出しました。以前の職場、陸上自衛隊で働いていた時に、よく上司から「奥、あれを取って来てくれ」などと言われる事が多くありました。上下関係がとても厳しい自衛隊では、当然上司の言うことは、絶対に従わなくてはいけないので、言う通りにしておりました。しかしそれが、毎日何十回も続くと自分の中で「めんどくさい」「自分でやればいいのに」などと反発する自分がいました。もちろん心の中で思っている事でしたので、顔にも表情が出て、上司からもいつしか頼まれることもなくなりました。そんな自分に、井垣さんの研修を受けられて「可愛がられる人になって、どんどんひいきされてください」と言う発言で、昔の自分はどれだけひどい人間だったか気付く事が出来ました。上司から頼まれることは、チャンスでもあり、頼んでいる人を信頼しているからこそ、頼んでいるのであって、自分にとって大きなプレゼントをして頂いている事だと思いました。頼まれた私が「はい、かしこまりました。」「はい、喜んで。」と言っていく事が、相手にとっての恩返しではないかと思いました。井垣さんの研修で「頼まれごとは、試されごと」と言うように、世の中ひいきされてなんぼ、と言う事が本当に自分の中で印象深く感じましたので、頼まれて嬉しく思える自分、頼まれて感謝出来る自分を作り上げていきたいと思いました。相手の気持ちになって考えてみると、頼んだ事を「はい、喜んで。」と受けてくれたら、気持ちもよくなっていきますし、次からこの人に頼もうとなります。長原配送の経営理念にもあるように、日本一「ありがとう」が集まる感動企業を追求します。と言うように、お客様から頼まれた事は「はい、喜んで。」と笑顔で答え、お客様をどんどん増やしていく事で、感動がたくさん集まる会社、ありがとうが集まる会社が出来てくるので、どんな事でも楽しく、前向きに取り組んで、自分の仕事力を伸ばしていけるチャンスの場だと思いました。今回の井垣さんの「会社は不平等!!」を読ませて頂きまして、研修でも同じ内容の事をたくさん書いてありましたが、また改めて知る事、気付く事がありましたので、仕事に活かして、会社、お客様から可愛がられる人間を目指して、日々一生懸命努力していきます。読書をさせて頂きまして、ありがとうございます。

ページトップへ
Copyright © Nagahara Haisou. All Rights Reserved.