北海道帯広市の総合物流・軽貨物運送事業|株式会社 長原配送

株式会社 長原配送ロゴ

スタフ日誌

アーカイブ

スタッフ

稲盛和夫様著書「六つの精進」読書感想文

六つの精進で、一つ目は、誰にも負けない努力をする。二つ目は謙虚にして驕らず。三つ目は、反省のある毎日を送る。四つ目は、生きている事に感謝する。五つ目は、善行、利他を積む。六つ目は、感性的な悩みをしない。この六つの精進を毎日実践し続けていけば、自分の実力以上の素晴らしい人生が開けていくのではないかと思うし、事実、稲盛和夫さんは、そのようにして人生を歩んできました。一つ目の「誰にも負けない努力をする」は、毎日一生懸命に働くことが大事という事で、私もその様に思います。一生懸命に働く事は苦しいことなので、それを毎日続けて行くためには、今やっている仕事を好きになる事が必要で、好きな事であれば、頑張れると思います。二つ目の「謙虚にして驕らず」は、成功する人とは、内に燃えるような情熱や闘争心、闘魂を持っていても、実は謙虚で控え目な人です。人は、往々にして成功したり、地位が上がったりすれば、謙虚さを忘れ、傲慢になりがちですが、こうした時こそ謙虚にして驕らずと言うことが大切だと思います。三つ目の「反省のある毎日を送る」では、一日が終わった時、その日を振り返り、反省をするという事は、とても大切な事です。今日は人に不愉快な思いをさせなかっただろうか、不親切ではなかっただろうか、傲慢ではなかっただろうか、卑怯な振舞いはなかっただろうか、利己的な言動はなかっただろうかなどと、一日を振り返り、人間として正しい事を行ったかどうかを確認する作業が必要だと思います。四つ目「生きている事に感謝する」では、「ありがとう」とは、今ありえない事が存在する、つまり「有り難い」ことが起こっているという意味で、日本人にとってありがとうは、感謝の言葉で、私ごときがそんな素晴らしい目に会って「もったいない」というとてもよい心の現れだと思います。五つ目「善行、利他行を積む」は、親切な思いやりの心、慈悲の心で人にやさしく接する事は大切な事だと思いました。六つ目の「感性的な悩みをしない」は、いつまでもクヨクヨと思い続けることは、心の病を引き起こし、ひいては、肉体の病に繋がり、人生を不幸なものにしてしまうと思います。この本を読んで、私も精進に近づけていけるように頑張りたいと思いました。

社内フィロソフィ勉強会所見

本日は、京セラフィロソフィ、稲盛さんのCDを聴いての勉強会でした。内容は、地味な努力を積み重ねることが大事、創意工夫、改善をしていく、責任感、使命感が燃えあがる要因で、自燃性、可燃性があり、不燃性では発展しないと思いました。仕事をやり遂げるには、エネルギーが必要で、今日より明日、明日より明後日を良くしようと考えていくことが大切だと思いました。渦の中心になって仕事をしていけば、会社も発展していくと思いました。社長賞をもらいましたが、本当にびっくりしました。自分は自分の出来ることを一生懸命行い、それが評価され、これからも継続して頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

シェリロゼ研修復習勉強会所見

シェリロゼ研修復習勉強会を受け、人材についての項目で、人材は材料で、人財は財産、人罪はいるだけで罪という内容で、私は今は、人財の方だと思っています。これから人罪にはならないように頑張っていきたいと思いました。また、オレンジからオレンジジュースは出るが、にがうりからは、にがうりジュースしか出ないという内容で、不平不満しか言ってないと、不平不満しか出てこないと言う事だったので、私も共感しました。プラスの言葉を言うようにして、プラス思考に変わっていきたいです。

稲盛和夫様著書「働き方」読書感想文

私は、この本を読んで、成功するにはマイナスの考えをもっては絶対成功はないと思いました。この稲盛和夫さんもとびぬけて能力があったわけではなく、努力と考え方のプラス思考、能力をかけて、それは人生、仕事の結果に結びついているという一つの方程式をみつけだし、成功に結びついたのだと思います。一つでもマイナスの考えがあると、一時は成功したとしても長続きはしないと思いました。人生において、働く事は切っても切れなく、私たちが生きていく為には働いてお金を得るこの世の中では一番大切だと思います。「心を高める」ために働く―なぜ働くのかでは、生活の糧を得るだけではなく、働く事は人間を鍛え、心を磨き、人生において価値のあるものをつかみ取るための尊くて、最も重要な行為であることが理由です。働く事は、色々な経験をさせてくれる人生の修行だと稲盛さんも言っていますが、私も共感しました。仕事を好きになるように働くには、好きな事はどんな事があってもくじけずに頑張れると思います。私は、車の運転が好きなので、配送の仕事は本当にさせてもらえて感謝しています。自分の目標を高く持って今出来そうもない事も、継続していれば必ず出来ると思います。その為には、努力は必ず必要だと思いました。感性的な悩みをしないという項目では、人生では、ときに失敗してしまう事があります。そのようなときも、クヨクヨと感性的な悩みをしてはなりません。覆水盆に返らずと言うように、一度こぼした水は決して元へは戻りません。なんであんなことをしたのだろう、あんなことをしなければ良かったといつまでも悩んでみたところで仕方がないことです。思い煩う必要など一切ありません。失敗した原因を良く考え反省しなければなりません。十分に反省をしたのであればあとは引きずらないで忘れてしまう事だと思います。クヨクヨと思い悩む事は百害あって一利なしだと思います。なので、もし仕事で失敗しても十分に反省をして、思い悩む事はしないようにしていきたいと思いました。この本に書いてある事は、これからの自分の人生に大いに役立つと思いました。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

勉強会で登山家の三浦雄一郎さんのDVDを視聴し、出来ない事でも、小さなステップで一つずつレベルアップしていくことで夢は叶うのだと思いました。いきなり高いところを目指さず、低い所からなら、自分にも出来ると思いました。これからも頑張っていきたいと思います。本日は乗務研修をさせてもらい、本当にありがとうございます。

井垣利英様著書「会社で「やってはいけない」43のこと」読書感想文

私は、まずこの本を読んで一番感じた事は、社会人として当たり前の事が書いてあるなぁと思いました。「待ち合わせや会議に、いつも4~5分遅れる」という項目は、会社だけの話でなく、日頃の生活においても大事な事だと思いました。「仕事が忙しくて助けてほしい時、ことさら目を合わさない」という項目では、ダンゼン良くなるPOINTにもあるように、「何か手伝う事はありませんか」と一言かける。これは、会社で働いている以上、大切な事だと思いました。自分が大変忙しい時に手伝ってもらえると嬉しいので、自分が得にならない様な事だとしてもその積み重ねが、上司や同僚から評価され、自分にチャンスが巡って来ると思います。「誰が見ても自分のミスなのに、人のせいにする」という項目では、ミスを認めないでいると、結局「仕事が出来ない人」と思われるので、自分のミスを謙虚に受け止めて、どこかにミスがあるだろうとチェックしていこうと思いました。「アドバイスを貰いたがるのに、実行しない」の項目では、それを実行しなければ何の意味もないので、自分が実行しようと思っている事に対してアドバイスを受ける様にしいていきたいと思います。「忙しい時に限って話が長い。しかも何をいってるのか分からない」の項目では、結論を先に言って、そのあと具体的な内容を話すようにしていきたいと思います。「職場の飲み会に平気で彼女を連れて来る」の項目では、「たまたま近くにいたから連れて来ました。」は、ないと思います。私も以前経験がありましたが、その時は会社の人に「連れておいでよ」と言われて連れて行った事があり、突然話もしていないのにつれて行く事はないと思います。「自分がいらないものを人にあげる」の項目では、相手が喜びそうもない物をあげてもしょうがないと思いました。お裾分けの事をお福分けと、もらった福をお分けするというプラスの言葉を言っているそうですが、私達の会社でも「お疲れ様です」の事を「お元気様です」とプラスの言葉を使っていて、プラス思考の会社は、今後もっと成長していくと私も感じています。この本に書かれている事は、井垣さんの研修内容そのものだと感じました。何度も読んで、会社でやってはいけない事、社会人として当たり前の事を実行していきたいと思います。

ページトップへ
Copyright © Nagahara Haisou. All Rights Reserved.