北海道帯広市の総合物流・軽貨物運送事業|株式会社ドリームジャパン

株式会社ドリームジャパンロゴ

スタフ日誌

アーカイブ

スタッフ

平成25年2月 シェリロゼ社員研修所見

今回受講して、やはり井垣講師と直接参加した方が身の締まる感じがしました。井垣講師の研修に意味の無いものはありません。しかしVTRという心の余裕が出来てしまう事で緊張の糸が切れ、学ぶべき事を吸収出来ないと思い「常に意識を強く持ち、維持する」事の大切さを学ばせて頂きました。この研修の内容で「可能性は無限大と信じる」ということがあり、その通りだと思いました。自分は出来ないと言えば、思えば結果それが潜在意識となり自分自身の人生を踏み外してしまいます。大切なのは「出来る」「出来ない」ではなく物事に対して「やるか・やらないか」だと思います。やってもいないのに諦めマイナス思考ではいけません。出来ないと言うのは自分で決めつける「自己意見」です。しかし、世の中は全てが他人の評価・決定になります。その自己都合で決めた自己の思いなど自身の満足にしかなりません。行って出来ないのであればそこには原因があります。その原因は何なのかを探して改善する事で人は前に進めるのだと感じます。失敗を恐れては先に進めず、また井垣講師もおっしゃっておりましたが「今と同じということは衰えていっている」という事です。失敗を恐れ現状に満足する事で、変化を求めなくなる。しかし、人は年々年をとって行く為知らずうちに自分自身のレベルが下がって行くのです。だからこそ行動することが大切であり、改善を繰り返す事で意味が生まれます。これからも何事に対して「やってみる」意識を大切にしていきます。また、目標を立てる事についても再確認する事が出来ました。「私はこうなります」という口だけの目標では達成できません。口だけの目標にはどうしたらいいのかという具体的な目標や内容がありません。その為にそのままうやむやになってしまうのだと思います。目標を達成するには具体的な目標を立てることが始まりであり、そこからその目標に対して何が必要なのか、何をすれば達成出来るのか内容を作ることができ、あとは人の思いだとおっしゃっておりました。やはり人の思いが何事に対しても力となるのだと感じ、行動出来るのだと思います。思いの強さが結果を作るのだと学ぶことが出来ましたので、これから自分自身の行動、内容を一つ一つ見直して行きます。この度はこのような研修を開いて頂きありがとうございました。

ページトップへ
Copyright © Nagahara Haisou. All Rights Reserved.