北海道帯広市の総合物流・軽貨物運送事業|株式会社 長原配送

株式会社 長原配送ロゴ

スタフ日誌

アーカイブ

スタッフ

稲盛和夫様著書「六つの精進」読書感想文

六つの精進で、一つ目は、誰にも負けない努力をする。二つ目は謙虚にして驕らず。三つ目は、反省のある毎日を送る。四つ目は、生きている事に感謝する。五つ目は、善行、利他を積む。六つ目は、感性的な悩みをしない。この六つの精進を毎日実践し続けていけば、自分の実力以上の素晴らしい人生が開けていくのではないかと思うし、事実、稲盛和夫さんは、そのようにして人生を歩んできました。一つ目の「誰にも負けない努力をする」は、毎日一生懸命に働くことが大事という事で、私もその様に思います。一生懸命に働く事は苦しいことなので、それを毎日続けて行くためには、今やっている仕事を好きになる事が必要で、好きな事であれば、頑張れると思います。二つ目の「謙虚にして驕らず」は、成功する人とは、内に燃えるような情熱や闘争心、闘魂を持っていても、実は謙虚で控え目な人です。人は、往々にして成功したり、地位が上がったりすれば、謙虚さを忘れ、傲慢になりがちですが、こうした時こそ謙虚にして驕らずと言うことが大切だと思います。三つ目の「反省のある毎日を送る」では、一日が終わった時、その日を振り返り、反省をするという事は、とても大切な事です。今日は人に不愉快な思いをさせなかっただろうか、不親切ではなかっただろうか、傲慢ではなかっただろうか、卑怯な振舞いはなかっただろうか、利己的な言動はなかっただろうかなどと、一日を振り返り、人間として正しい事を行ったかどうかを確認する作業が必要だと思います。四つ目「生きている事に感謝する」では、「ありがとう」とは、今ありえない事が存在する、つまり「有り難い」ことが起こっているという意味で、日本人にとってありがとうは、感謝の言葉で、私ごときがそんな素晴らしい目に会って「もったいない」というとてもよい心の現れだと思います。五つ目「善行、利他行を積む」は、親切な思いやりの心、慈悲の心で人にやさしく接する事は大切な事だと思いました。六つ目の「感性的な悩みをしない」は、いつまでもクヨクヨと思い続けることは、心の病を引き起こし、ひいては、肉体の病に繋がり、人生を不幸なものにしてしまうと思います。この本を読んで、私も精進に近づけていけるように頑張りたいと思いました。

ページトップへ
Copyright © Nagahara Haisou. All Rights Reserved.