北海道帯広市の総合物流・軽貨物運送事業|株式会社 長原配送

株式会社 長原配送ロゴ

スタフ日誌

アーカイブ

スタッフ

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

DVDを昨日見まして、何をやるにも、目標や夢を持って、絶対にあきらめないその気持ちがが大切だとすごく実感しました。目標をしっかりと持ち、自分自身にあきらめない、夢をあきらめずこれからもやって参ります。

本日も一日ありがとうございます。明日もよろしくお願いします。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日は三浦さんのDVD勉強会に参加させて頂きましてありがとうございました。今までのレベルに満足するのではなくて少しずつ自分もレベルアップしていける様にこれからは業務を行っていきますのでよろしくお願いします。時間も早く終わらせる様に努力していきます。

本日も1日ありがとうございました。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日の勉強会では、三浦雄一郎さんのDVDを見ました。特に心に残ったのは、夢をもつということと、夢に向かってレベルの低いところから少しずつ繰り返しやるということ、楽しんで目標に向かうということでした。自分も夢に向かって少しづつ楽しんでいけるように日々努力していきたいと思うことができとても勉強になりました。

長原社長本日も1日ありがとうございました。明日も1日よろしくお願いします。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日は勉強会を開いて頂きまして、ありがとうございました。私の好きな登山家の三浦さんのインタビューでしたので終始楽しく拝見出来ました。「逆境になる程、そして批判が大きい程、エネルギーがわいてくる」というフレーズや苦しい中でいかに楽しむ工夫をするかなどプラス思考は、とても勉強になりました。また、継続する事の大切さ、あきらめない事を学びました。三浦さんのお父さんは、100歳でロッキー山脈をスキー滑降する方ですので、私もまだまだ大きな可能性を、夢を追いかけても遅くはないと思いました。私の今一番登りたいの山は、長野県の北アルプスの山々ですので、必ず近い内に達成したいと思いました。

本日も一日ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日は勉強会を開いて頂き有難うございました。三浦雄一郎さんが一貫してお話ししていたのは、「思い」を持ち「人生の目標を持って決してあきらめない」ということでした。成功者の方々は皆様共通の考え方を持って、物事に挑戦していることを、改めて、痛感しました。また、三浦さんは「止めたくなったら、休む」とも教えてくれました。この言葉には私も相通じるものがありました。お話の中で「リーダーとしての心掛け」についてもお話をして頂きました。当社において、リーダーとして有るべき姿を幹部の皆様に十分参考になったと感じています。私も教えて頂いた「リーダーとしての心掛け」をしっかりと行うべきだと感じました。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日の三浦さんの「超人に学ぶ」について、今回DVDを視聴させて頂きありがとうございました。今回のDVDを通して、「夢を持つ事」「挑戦する事」「諦めない事」「達成する事」を学ぶことができました。これからの業務に活かしていきます。

今日も一日ありがとうございました。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日の勉強会の三浦さんの話を聞いて、夢を持ち何事も諦めずに努力し取り組んでいく姿勢がすごいと思いました。自分もやりたいことはもちろんのこと、どんな事でも諦めずに全力で取り組んでいこうと思います。今日も一日お元気様です。

明日もよろしくお願いいたします。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

昨日は、三浦雄一郎さんDVD勉強会ありがとうございます。常にチャレンジする、そして、夢を持ち続けるという事は、とても素晴らしい事であると思いました。夢を夢のままにせずやってしまうところは、見習いたいと思います。私も建設的で、前向きな、三浦さんに近づけるよう努めていきます。本日も一日ありがとうございました。

明日も一日よろしくお願いします。

「超人に学ぶ」三浦雄一郎氏DVD勉強会所見

勉強会で登山家の三浦雄一郎さんのDVDを視聴し、出来ない事でも、小さなステップで一つずつレベルアップしていくことで夢は叶うのだと思いました。いきなり高いところを目指さず、低い所からなら、自分にも出来ると思いました。これからも頑張っていきたいと思います。本日は乗務研修をさせてもらい、本当にありがとうございます。

井垣利英様著書「会社で「やってはいけない」43のこと」読書感想文

私は、まずこの本を読んで一番感じた事は、社会人として当たり前の事が書いてあるなぁと思いました。「待ち合わせや会議に、いつも4~5分遅れる」という項目は、会社だけの話でなく、日頃の生活においても大事な事だと思いました。「仕事が忙しくて助けてほしい時、ことさら目を合わさない」という項目では、ダンゼン良くなるPOINTにもあるように、「何か手伝う事はありませんか」と一言かける。これは、会社で働いている以上、大切な事だと思いました。自分が大変忙しい時に手伝ってもらえると嬉しいので、自分が得にならない様な事だとしてもその積み重ねが、上司や同僚から評価され、自分にチャンスが巡って来ると思います。「誰が見ても自分のミスなのに、人のせいにする」という項目では、ミスを認めないでいると、結局「仕事が出来ない人」と思われるので、自分のミスを謙虚に受け止めて、どこかにミスがあるだろうとチェックしていこうと思いました。「アドバイスを貰いたがるのに、実行しない」の項目では、それを実行しなければ何の意味もないので、自分が実行しようと思っている事に対してアドバイスを受ける様にしいていきたいと思います。「忙しい時に限って話が長い。しかも何をいってるのか分からない」の項目では、結論を先に言って、そのあと具体的な内容を話すようにしていきたいと思います。「職場の飲み会に平気で彼女を連れて来る」の項目では、「たまたま近くにいたから連れて来ました。」は、ないと思います。私も以前経験がありましたが、その時は会社の人に「連れておいでよ」と言われて連れて行った事があり、突然話もしていないのにつれて行く事はないと思います。「自分がいらないものを人にあげる」の項目では、相手が喜びそうもない物をあげてもしょうがないと思いました。お裾分けの事をお福分けと、もらった福をお分けするというプラスの言葉を言っているそうですが、私達の会社でも「お疲れ様です」の事を「お元気様です」とプラスの言葉を使っていて、プラス思考の会社は、今後もっと成長していくと私も感じています。この本に書かれている事は、井垣さんの研修内容そのものだと感じました。何度も読んで、会社でやってはいけない事、社会人として当たり前の事を実行していきたいと思います。

ページトップへ
Copyright © Nagahara Haisou. All Rights Reserved.